読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1歳からのDWE

DWE Life の記録

DWE 英語教育で本当に大切なこと

早期英語教育は英語耳を育てるのにとても向いているのは確かです。早ければ英語への抵抗感も無いだろうし。しかしながらDWEをやっていて、リスニングは出来るけれど話せないと言う人もいるのは確か。やはりアウトプットには大きな壁があるように思います。

 

アウトプットは、いかに能動的に『英語』をするかにかかっていると思います。話したいという気持ちが無ければ一向に英語力は身につきません。

 

最近、WFC(会員が見られるサイト)のメンバーズボイスというコーナーでDWE卒業生の書き込みを見ました。彼女は小学生になってからのユーザーなので、DWEとしては遅めのスタートです。ですがとても熱心に取り組んだようで、割と短期間で卒業したようです。やはり苦労はしたとは言っていましたが。

 

そこで彼女の書き込みを読んでいると一番大切な事は『好きという気持ち』なんだなぁと、改めて気付かされました。

 

そして言葉は何年続ければ完了!というものでは無いし、もし仮にそこそこ日常会話が出来るようになったとしても、日本で暮らす以上、使わなければ力は落ちてくるようですね。子どもの頃にやったからって、それが一生モノになるとは限らないのです。

 

小さいうちに親が必死になってかけ流しをして、CAPのサポートして、イベント連れて行って…とやっても、子どもにチャンスを与えるのはとても重要だけれど、それで英語力が身に付くという保証はありません。それはDWEだからじゃなくて、どんな教材でも言える事。

 

目指すべきは、英語を好きになってもらう事だなぁとつくづく思います。