読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1歳からのDWE

DWE Life の記録

DWE 会員制度についてのあれやこれや

自宅でいつでも好きな時に好きなだけ出来るのが魅力の『英語教材』という選択肢。

 

ただ、指導するのがド素人な親なので、やはり教材の活用方法(指導方法)には個性というかバラツキというか…うまい・下手?というのはあって仕方ない事でしょう。

 

例えば、わが子に何かハンドメイドで作ってあげたいと、出産を機にミシンを買ったとしても、ドレスを作れる人も居ればスタイで精一杯の人もいる…それは当たり前。

 

はなから誰でも同じ道具を使えば同じ成果物が出来る訳はありません。そんな事誰でも普通に知っている。あえて言うまでもないレベルで人それぞれだってことを。…でも何故だかDWEだとすごーーーく期待している人が多いこと!『英語が苦手なご両親でも大丈夫!』という言葉が問題なのかしら?そして、

 

『言語=環境さえ整えれば誰しも何語でも話す事が出来るもの』

 

というのも「DWEやっても(卒業しても)話せるようになっていない」「卒業すらできない」と、モヤモヤしているユーザーを生み出しているのかしら。

 

私も前だけ向いて教材使っているつもりでいて、やっぱり偏りなく?色んなユーザーを知りたいとか思っちゃってきて、エゴサーチみたいなことしてしまいます。(自分が正規会員だから、DWEをディスっているユーザーを知ると悲しいのですが…)

 

DWEへの不満を見聞きするのはなかなか気が重いものでありながら、教材活用術と同じぐらい気になるのも確かです。不満、ぼやき、愚痴、悪評を知ったとしてどうすんの?と自分でも思います。

 

討論好きな性格だからか、その愚痴・不満と自分の考えを照らし合わせみたりして日々考えてみたりもします。

 

ユーザーさんの不満の中にも「あ〜確かに〜」と思えるものもあれば、言いがかりっぽく感じるものもあり…。私が納得した不満は、会員が受けられるサービスについてでしょうかねぇ。

 

月々の会員費だけでなんとか全てのサービス受ける権利欲しい〜!ってワガママでしょうか。そしたら最初にドカーンと高い教材買っても顧客満足度は格段に上がるはず!!

 

正規会員になると受けられるのが、破損教材交換とサポートセンター、TEとCAP制度、そして卒業制度。

あとは…

イベントに参加出来るの権利。

教室に通える権利。

この2つ、権利じゃなくて参加費が無料ならば良いのに…という不満については何だかんだ同感です。でももしそんな事になったら会員費がもっと高いんでしょう。仮にイベントに都合上行けなくてもまだ諦めが付くけれど、教室なんて習得に差が出るぐらい価値のある制度が、自己都合でありながらも利用出来ないとなったらば、行けない・必要ない派の会員が今度はその分会費安くしろ!って不満が出るんでしょうね。もともと自宅で教材使うだけで英語を学べるというのがウリですもんね。教室の別料金制度は何だかんだで合理的なのでしょうかね…?

 

なかなかこっちを立てればあっちが立たず状態?…と思いつつ、肝心な事を思い出しました!今の会費を無くして欲しい!だった(笑)そうでしたそうでした。それで、教室だけ有料にしてくれれば何となく納得出来るかも( ゚∀ ゚)てな感じです。

 

所詮無理なお話です。あ、でもとりあえずWFCのKids Playlandの動画が別でまた別料金(月額制度)なのでそこは全部無料で見放題にして頂きたいところ。内容は結局、先生やズィッピー達によるPA!やSA!の動画のカバーというかリメイクというか。ミッキーより、フローギー&バ二ーより、ズィッピーやポンポンが大好きなので…キャラクターが違うだけで食い付きも変わるとなると、より興味のある方を見せたくなるものですから。

 

この辺を何とかしてくれたら嬉し過ぎるって感じです。絶対無理ですけど。

 

その他『卒業出来ても話せない』という不満については、言いがかりっぽいような…。『卒業』を目標としていたなら当然かと。むしろ目標達成出来たのだから100点満点じゃないですかね?

 

DWEに対して不満や愚痴を言うにあたり、純粋に楽しんでるユーザーを信者呼ばわりしている割には信者よりも『卒業』に絶大な信頼感を抱いていた気がして不思議なのです。『卒業』=『英語ペラペラ』=『過信』だと思っていたので。

そもそも語学なんてもともと、習得レベルが曖昧過ぎて…。

 

日本に生まれた日本人ですら、日本語完璧じゃない。確かに日常会話は出来ますけど、、、でもTPOに合わせて正しい日本語を使う事が身に付いていない大人も沢山いるし、都度調べながら生活している訳で。

 

たかだかDWEを例えば7年とかやって、マスター出来るような事は無いでしょう。だから結局は『卒業』に拘り過ぎると大切な事を見失ってしまう気がするのです。

 

愛と憎しみは背中合わせ。今ではDWEひいてはWFをディスりまくりですが、それって最初は相当信じていたのでしょうね。

 

お家での英語教育、日々本当に色々考えるところがあります。人より何かを習得したいと思ったら、人より努力も財力もかけなければならないのは当たり前ですよ。簡単に楽して安く手に入る事は無いって事、、、みんながみんな同じでは無いって事、DWEの教材を目にするとなぜだか忘れてしまう人が多いかも?

 

さて。我が家の目標は何でしたっけ?卒業ではありません。卒業は過程です。