読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1歳からのDWE

DWE Life の記録

DWE 買って後悔するか、しないかの違いって何だろう

久しぶりの投稿となりますが、その後ちゃんと(?)毎日取り組みは行っています。

 

さて。今回は日々の記録ではない事でも書こうと思います。DWEに取り組む上で、他のユーザーさんの取り組み方はかなり参考になります。今の時代は便利なものでブログだったりigだったりすぐ調べられるのは素晴らしいですよね。

 

私は最近は専らigです。画像でサクサク見られるのが好きなので。たまにブログも見たりするのですが、DWE万歳!ユーザーと、DWEダメ出しユーザーといらっしゃるようです。

 

igは前者が多い印象です。画像投稿サイトなので「こんな教材活用法やってます(ドヤ!)」「子どもがこんな事出来るようになりました(ドヤ!)」って感じでプラスな事が中心になりやすいのでしょうか?igで悶々とダメ出ししている人は私は見た事がありません。

 

しかしながらブログだと結構ダメ出ししている記事に出会います。私も購入前には「DWE 失敗」とか検索したっけな〜。

 

私なんかまだ初めて1ヵ月経っていないので何も言える立場では無いものの、ダメ出しをしながら続けるようはなりたくないなぁ…とは思っています。そこでどうしたらそのような負のユーザー(って言い方もどうかと思いますが…)になってしまうのか考えてみました。

 

恐らく『教材の高額さ』が一番でしょう。ダメ出しをしたくなるのはここの部分に納得がいっていないからですよね。これだけお金を積んだんだから、素晴らしい教材、サービス、そして成果などの過度の期待をしてしまうものです。

 

高額だから使いこなさなければ。

 

そんな感じで重圧に感じているユーザーさんは多いはずです。私も確かに同じように思います。でも重圧という程、苦を感じた事はまだありません。これから感じるのでしょうか?

 

過度な期待というのも「絶対に英語を習得出来ないといけない」という100%を求める気持ちが頭にあり過ぎるのでは?と思うのです。

 

私は普通に考えて、100%というのはありえないと思っています。どこまでを100%とするかもわかりませんが。確かにバイリンガルになる事を目指してはいるし、期待があるからこそ教材を購入しました。期待せずに購入する人なんていないと思います。しかしながらその一方で「結局は子ども次第」という心構えは一応あります。

 

だって、子どもによって持って生まれた性格は全然違うじゃないですか。1年と10ヵ月育児をしていればわかります。好みの話で言えば、乗り物が好きな子、キャラクターにハマる子、外でガツガツ遊ぶ子もいれば、家で読書が好きな子もいる。

 

だからDWEに大ハマリする子もいれば、そうでない子も当然いるはず。最初はうまく親が誘導してみたりするものの、所詮人の好みは変えられません。

 

教材の善し悪しというよりは、ハマるかハマらないかが大きいと思います。自分の家の子がハマらないからと言って悪い教材みたいな言い方はどうかと思います…。中にはボッタクリだと言っているユーザーさんもいますね。まあ普通に考えて、本やCD、DVDやおもちゃみたいなもののセットが、え?20万円??紙で出来てるこれが1冊何万円て計算ですかね?…と思っちゃうのが一般庶民の普通の反応だとは思います。確か、、、結婚式のオプション代もそんな仰天価格でしたよね。

 

とは言え、脅されて買った訳では無し、金額の事をネチネチ言ってもしょうがないと思います。高い!と思ったら無理して購入すべきではありません。速やかに他の教材を探すべきです。

 

金額は正直ですから、いつまでも購入金額の事の方が頭に残ってしまう堅実なタイプの方はDWEは辞めておいた方が身の為な気がします。

 

さて、ユーザーさんの中にはペラペラに話せたり、その歳で英検2級なの??とか…成果を出す事が出来た方もいらっしゃいます。素直に凄いと思います。頑張ったんだろうな…とも。

 

DWEのダメ出しをするユーザーさんはその方々に対して「もともと才能があったから」とか「DWEに注ぎ込むお金があるから」とか「親がそこそこ英語を話せるから」とか…(まぁ、そうなのかもなぁとは思いますが)そこを考えても仕方なくないですか?って所をつつくいていました。

 

でも…そんな事考えながら続けるのって苦しくないのかな?と思うのです。疑うのは自由だし、DWE購入したらWF信者になれとは思いません。ただ、自分に合わないと感じたのであればサクッと売っちゃえば良いのになぁと思います。

 

親が楽しめていないのに、それを子どもが楽しいと思えるのかな?と思いますし。

 

DWE購入前と購入後の今とで、私の気持ちも少しずつ変化しています。それはこれからもずっと変化し続けると思っています。その時の状況によって、どうすべきか?というのは随時判断していく必要はあると思います。

 

DWEがあればそれだけでOKなんて思いません。そう思って始めるのはかなり危険です。私としては英語育児のベースになって欲しいと思っています。毎日の日課というか。その他で良さそうなものは都度取り入れて行こうと思っています。最近は絵本の読み聞かせをやるようにしていいますが、それはやっぱりDVDだけでは一方的で飽きちゃうし、言葉はコミニュケーションであって、人と人との関わりから生まれるものであると改めて実感したからです。

 

だからといってDVDが悪だ!とはなりません。何事も良い事とそうでない事があって、要はバランス。極端な所に偏ってしまうと良くないような気がします。

 

そんな感じで子どもにあったDWEとの関わり方を模索する過程を楽しめるユーザーさんは続けていられるんだと思います。

 

楽しめない人に、楽しめ!とは言いません。楽しめないのであればそれはそれ、人それぞれですからもっと他のものを探せば良いだけの事です。誰かに強制されている訳ではありませんし。

 

そんな事を最近考えたのでした。我が家もそろそろ娘がイヤイヤ期の年齢に突入しようとしていますし、完全に拒否される日があるかもしれません。でもその時はその時でしょう。とりあえず今の所、毎日DWEの何かしらに関わってくれているので私は満足しています。

 

何事も、先々の事を考え過ぎてしょうがないような…と。明日は今日の積み重ねです。今が良ければ良いって言うとまた問題ですが。結局、英語話せなくても生きてはいけますからね。